おすすめ

2019年7月31日

今更聞けない…腸内環境の整え方

 

朝活や夜活ならぬ、「腸活」

 

皆さんは、腸活、行っていますか?

 

腸は「第二の脳」とも呼ばれ、人間にとって重要な臓器の一つ!!

 

健康のため、健康維持のためには、腸内環境を整えることは何より重要なことです。

 

そんな、腸内環境を整えるメリットはたくさんあります。

 

・免疫力向上

・アレルギー抑制

・生活習慣病の予防

・肌荒れ防止

・疲れずらくなる

などなど、体に良いさまざまな効果があるのです。

だからこそ、腸にいいものをとっていきたいところ・・・

例えば、ティータイムに、コーヒーにしようか紅茶にしようか?
果物は、そのままがいいか、ドライフルーツがいいか?

ふと考える「腸には何がいいんだろう」を解決していきたいと思います(^^)/

Q1、白米?玄米?それとも?

A、腸活に、お米は欠かせません。
食物繊維を豊富に含んでいるからです。
食物繊維の中にも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、玄米には不溶性食物繊維が多く含まれています。
便秘の解消には効果的な食べ物ですが、取りすぎると、逆に便を固くしてしまうため、水溶性食物繊維である、海藻類やキウイ、オクラなどと一緒に食べるほうが腸活には最適です。

*玄米は糖尿病の発症リスクを大幅に低下させることができるといわれています

玄米を食べて、便が緩くなったり、下すようになったという方は、白米に変えてみましょう。
そして、大麦入りにすると腸活効果がアップします。
大麦は水溶性食物繊維が多く含まれているため、腸活に効果的なだけではなく、血糖値の上昇も抑えてくれるため、健康にもとても食べ物です。

結論、自分の腸内環境に合わせて変えていくのが、腸にいい選択といえます。

 

Q2、ミネラルウォーターは硬水、軟水どっち?

A、便秘がちな人は、硬水がおすすめ

硬水には、便秘改善に効果的なマグネシウムが多く含まれています。日本の水道水は軟水なので、飲みなれていない方がおおいと思いますが、硬水によって硬度が違うので、最初は軽いものから始めてみるといいかもしれません。

 

Q3、サラダを作るときにおすすめ食材は?

A、サニーレタス
レタスと似ているサニーレタスですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが黄金バランスといわれており、腸の働きに効果的な野菜です。
さらに、サニーレタスには、抗酸化作用にも優れ、美肌にもいいんですよ。

夏のおすすめ野菜⇒こちら

 

Q4、果物を食べるならそのままで?ドライフルーツでもいい?

A、果物から食物繊維をとりたい場合は、ドライフルーツの方が効率的にとれます。
柿、バナナ、イチジクなどですね。
しかし、イチゴはそのままの方が食物繊維は多いので、果物によって違いはあります。

 

Q5、コーヒーか紅茶だったらどっちがいい?

A、コーヒーです!!
なぜならば、大腸がんのリスクが低下するからです。
(*ブラックコーヒーです)

とりすぎは、高血圧や胃がんなどのリスクを高めてしまうので、1日5杯前後がベストです。

(コーヒーの驚くべき効果については⇒こちら

 

毎日過ごす中で、コツコツ腸活していくことが、数年後の健康に大きな影響を与えます。

だからこそ、腸内環境を整える、腸にいいものをとっていきましょう(^_-)-☆

 

 

 

 

 

キレイをサポート☆

未経験OKトレーナー求人情報はこちら↓↓↓↓

記事を探す

関連キーワード