ヘルスケア

2019年7月31日

タイプ別「猫背」の特徴と正しい姿勢

 

「姿勢が悪いな」と日々感じている方も多いのではないでしょうか?

 

姿勢が悪いと、体の不調は起きやすいです。

肩こり、腰痛などを引き起こす要因に!!

 

また、便秘や胃のむかつきにつながることも

 

・デスクワーク

・事務作業

・スマートフォンをよく触る

・家事、育児

・趣味の読書

 

などなど、生活習慣の中で下を向いていることが多いと、姿勢は悪くなりやすいです。

 

また、年齢とともに、筋力は低下していくため、正しい姿勢を保つ力がなくなってくるのです。

 

 

 

まずは、姿勢の種類がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

 

【お腹猫背】

反り腰で、お腹が前に出ている状態の人です。

 

こんな人は要注意・・・

ハイヒールをよく履く人

 

出やすい不調・・・

腰痛

 

腰を大きく反るため、腰痛の原因に。

また、子宮や腎臓、腸に影響がでることも。

 

【腰猫背】

 

腰の部分が丸る状態の人です。

 

こんな人は要注意・・・

あぐらをよくかく人

足を組む癖がある人

 

出やすい不調・・・

椎間板ヘルニア

腰に負担がかかりやすく、ヘルニアを起こすことも。

腸の低下も招きやすく、便秘にもなりやすい。

【背中猫背】

背中の中心が丸まっている状態

こんな人は要注意・・・

腕を組むくせがある人

出やすい不調・・・

胃のむかつき

背部を通る自律神経が圧迫され、胃や肝臓の機能が低下し、胃酸も多くなりやすい。

【頸猫背】

こんな人は要注意・・・

高い枕を使ってる人

出やすい不調・・・

肩や腕のシビレ

頸から肩への負担で近くの神経や運動神経が圧迫され、肩や腕のシビレが出ることも。

当てはまる姿勢はありましたか?

次は、正しい姿勢のチェック方法

 

1、壁に背中を合わせて立ち、両足のかかとと頭が壁につくように立ちましょう。

*両足のかかとは揃えましょう

 

2、その状態で、腰と壁の間に自分の手をいれます。

 

指を伸ばした状態で手がぴったり入るようであれば、OKです!!

骨盤が正しい位置にあり、背骨のS字カーブもいい証拠です。

 

この手が入らない、もしくは入りすぎるといった場合は正しい姿勢ではないので、良い姿勢に正しましょう。

 

次に、体の重心チェック

 

1、まず、膝立ちで立ちます。この時、つま先は寝かせ、膝が90度になるようにお尻を浮かせてください。

 

2、その感覚を体に覚えこませてください。

 

3、感覚を覚えたら、普通に立ちます。

膝立ちの時に比べ、おなかが前に出ていないか、体重は足裏のどこに乗っているのか、違う点を確認してみましょう。

 

感じた点こそ、姿勢の治すべきポイントとなります。

 

わからなくなったら何度も膝立ちを行ないましょう!!

膝立ちは足裏で立つよりも、支える場所と頭の位置が近くなるので、骨で支えるという感覚が掴みやすくなります。

自分の姿勢を理解し、体を正しい位置にもどしてあげましょう^_^

次回は姿勢改善のためのストレッチをご紹介!!

 

 

首周りの簡単ストレッチ⇒こちら

 

肩甲骨周りのペアストレッチ⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 

未経験OK☆コンディショニングトレーナーのお仕事情報はコチラの画像をクリック▼▼

 

記事を探す

関連キーワード