ヘルスケア

2019年7月29日

意外と知らない?パートナーストレッチの効果!!

意外と知らない?パートナーストレッチの効果!!

梅雨のジメジメした天気で体調を崩される方も多いこの頃。肩が凝ったり腰が痛くなると、一昔前ならマッサージが当たり前でした。
リラクゼーション業が業界として国から認知されたのが2010年のこと。今では40000店舗を超える店舗数と言われています。
そんな整体をはじめとするこのボディメンテナンスの業界で、最近良く見かけるようになったのは、、、
「ストレッチ専門店!!」
つい10年前ならトレーニングジムの隅っこで背中を押して貰っていたような光景でしたが、今では全国に350店舗ほどの専門店があります。
ストレッチ専門店がができた当初は、
「ストレッチ?一人でできるでしょ!」
「スポーツしてないからストレッチはいいよ」
…そんなイメージがありました。
しかし、ここ数年でストレッチ自体が注目を浴び、パートナーストレッチの認知度も上がってきました。
とは言え!いくら体に良くても、専門店に入るのは少しハードルがあるという方も少なくないかも。今日はそんなハードルを越えられるように、思わず行ってみたくなる、パートナーストレッチのメリットをご紹介します。
①完全脱力状態で筋肉にアプローチ
筋肉は、勝手に縮むけど勝手に伸びてはくれません。そのため、セルフストレッチではどうしても筋肉が緊張しがちです。
体が硬い方は特に、頑張って伸ばそうとすればするほど、他の筋肉は緊張していきます。
ペアでストレッチを行うと相手に体を預けることができるため、脱力・リラックス状態でストレッチを行えます。
②段階をおって伸ばすことができる
柔らかくしたい!!と思って頑張ってストレッチをやったけど、全然柔らかくならなかった、、、そんな経験をされた方も多いのでは?
筋肉は繊維の集合体です。筋繊維が整っていない状態でストレッチをすると、筋肉を傷めてしまったり、余計に固くなってしまいます。
まずは、筋繊維を整えてからのストレッチが効果的。それを行えるのがパートナーストレッチ!!
③可動域が広がりやすい
ストレッチの印象は「痛い、きつい、つらい」ネガティブな印象が多いかも知れません。
確かに、パートナーストレッチも限界値を超えて伸ばしていくため「きつい、つらい」はありますが、伸ばした後の解放感は一人のストレッチでは感じられない新感覚。
自分で伸ばせない部分にもアプローチすることができるので、可動域も広がりやすく、なんといっても柔軟性が長持ち!!
一人では頑張れないけど、
マンツーマンでやれば頑張れる♪
そんな精神的メリットもあります!!
サイト内では、セルフストレッチの紹介と一緒にパートナーで行った場合のストレッチ方法も紹介していきますので、是非チェックしてみてください!!

ストレッチ専門店 トレーナー求人情報はこちら↓↓↓↓