ヘルスケア

2019年7月31日

ストレス解消だけじゃない!涙の効果

 

皆さん、最近泣いてますか?

大人になると涙もろくなるという反面、涙を我慢している方も多いのではないでしょうか?
実は涙は秘めている効果があるのです!!
そこで、今回は20代を中心に70人の方にご協力頂き、「過去3ヶ月の間で涙を流しましたか?」
というアンケートを行いました。
「はい」と答えた人が65%
「いいえ」と答えた人が35%
という結果に!!
涙を流した理由については・・・
・映画鑑賞
・ライブに行って
・人との別れ
・仕事での喜び、悲しみ、悔しさ
・友人の結婚式
などなど、様々な理由がありました^_^
ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。
この人間だけが持っている、この感情の涙…
「涙の情動性分泌」と言われ、前頭前野の発達していない動物には流すことができないのです。
では、この情動性分泌、涙にはどのような効果があるのか見ていきましょう^_^
①ストレス解消
涙は筋肉を緩め、緊張をほぐす効果があるのです!!
たくさん涙を流すほど、ストレス解消につながり、心の混乱や怒りなどが改善されます。
なんと、ストレス解消には笑うことよりも涙を流す方が効果的なんだとか。
②やる気をアップさせる
泣くことにより、セロトニン神経の活性化に…
セロトニンが不足すると、感情が不安定になり、やる気が出なくなることも。
号泣するとより効果的です(^^)
(実は、パーソナルストレッチのも同様の効果が)
パーソナルストレッチについては⇒こちら
③悲しみや痛みを和らげる
泣いた後は、脳内ホルモンの一つであるモルヒネ様物質の「エンドルフィン」が増加します。
*エンドルフィンは神経を落ち着かせる作用があり、幸せ感を呼ぶホルモンとも言われています。
なので、泣いた後はスッキリするんですね。
④免疫力アップ
涙には「コルチゾール」というストレス物質が含まれています。
このコルチゾールは、免疫力を低下させたり、心拍数、血圧を上昇させたり、はたまたホルモンバランスを乱したりと、さまざまな悪さをするのです。
泣くことにより、このコルチゾールが排出されるのです!!
ここで涙の効果を得るための正しい涙の流し方講座☆
①自然に涙を流すこと
無理に泣いた涙は意味がありません。
感情を解放して、自然に流しましょう!!
②週に1回ほど大泣きをする
③泣きたい時はたくさん涙を流す
④更に効果的にするためには、信頼している人に見守られながら泣く
1人で泣くよりも効果が高いと言われています。
そしてなんと、都内では涙を流すイベント・・・
通称「涙活(るいかつ)」
もあるんだとか!!
涙活は周囲が泣くことによって自分も泣きやすくなる「もらい泣き」の効果もあり、一段と泣きやすくなるようです。
人間だけが流せる涙。
そして、人間だけが見せる笑顔!!
人間は上手くできていますね。
是非、お休みに涙活試してみてください(^_-)
その他の関連記事
【プロも実践!楽しいから笑うんじゃない☆笑うから楽しいんだ!】

未経験OK☆コンディショニングトレーナーのお仕事情報はコチラの画像をクリック▼▼

記事を探す

関連キーワード