ヘルスケア

2019年7月26日

突然のぎっくり腰!2つの原因と対策

突然の腰の激しい痛み!!
ぎっくり腰を経験している方も多いのではないでしょうか?
ある日突然なってしまい
酷いと1週間寝込んでしまうことも・・・

そんな今回はぎっくり腰について!!
ぎっくり腰の原因は不明といわれており
様々な原因が考えられますが
その中でも、今回は二つ
お伝えしていきたいと思います
1.椎間板の衰え
2.筋肉の柔軟性不足
まずは、椎間板の衰えから・・・
椎間板は30歳を境に衰えていくといわれています
どこに存在しているかというと
背骨(脊椎)は24個で構成されている
その骨(椎骨)と骨の間のクッション部分
これこそが、椎間板です!!

お饅頭でいうとあんこ、クッションでいうと綿
のような存在で、柔らかいです
そして、この椎間板は年輪のように
何層にも重なってできています
これが部分的にはがれ、損傷してしまうと
ぎっくり腰を引き起こします
このぎっくり腰は約5日ほどでよくなりますが
衰えさせないためにも、日ごろから
体幹周りのトレーニングを
しておくことが大切です!!

 

2つ目、筋肉の柔軟性不足・・・
腰回りの筋肉の張りを感じている人や、
筋肉がよくつってしまう!!
という方は要注意!!
この場合のぎっくり腰は
筋肉の断裂によっておきます
筋断裂によって起きたぎっくり腰は
痛みが引くまで約5日間
完治までに3週間ほどかかります
腰回りの筋肉は筋力が強いため
張りなどに気付きづらいです
そのため、日ごろからストレッチで
ケアしておくことが大切です

 

 

特に人間は、腰の負担を常に抱えています
ぎっくり腰になると
数週間はかかってしますので
ならないように体づくりをしておきましょう
次は、ぎっくり腰にならないためにできることを
ご紹介していきます!!

キレイをサポート☆

未経験OKトレーナー求人情報はこちら↓↓↓↓