ヘルスケア

2019年8月1日

足臭ってない?足が臭う5つの習慣

 

スポーツしてる方もお仕事されているかたも

夏になると、蒸れて気になるのが足の臭いではないでしょうか?

 

座敷のお店や、人の家に上がるのも、気を使って楽しめないこともありますよね。

夏は、サンダルを履く方も増えますが、そうはいかない方も多いのでは?

 

そこで今回は、あの嫌な臭いからおさらばするための方法をお伝えします!!

 

まずは、なぜ毎日洗っているのに臭ってしまうのか?

足が臭う5つの習慣と解決策をご紹介していきましょう。

 

1、足裏の角質ケア不足

足裏のかかとは白く硬くなっていませんか?

古い角質は細菌たちの餌です。

空気の流れが悪い靴の中、汗でふやけた古い角質は、細菌たちにとっては食べごろなのです。

 

また、現代人の多くはハードワークや激しい運動によって、足裏の角質が分厚く成長しているのだとか・・・

 

2、足をきちんと乾かしていない

 

どんなに足をきれいに洗っても、乾かさなければ、蒸れの原因になります。

細菌は湿度が高い場所を好みます。

乾ききらないまま、靴下やストッキングをはいていませんか?

 

雨でぬれたときは特に注意が必要です。

 

3、靴のサイスがあっていない

 

サイズの合わない靴は通気性も悪く、足裏などの発汗を促します。

大きくても、小さくてもNGです。

基本的に、多くの方が0.5~1センチ大きめを履いているといわれています。

足のサイズを確かめてみては?

 

4、ストレスによる発汗

 

足の臭いを気にしてしまい、それがストレスとなり、汗をかきやすくなっていることも。

悪循環に陥ってしまいます。

 

「清潔にしているのに、臭ってしまう」

という方はこの傾向にあると思われます。

 

5、靴がいつも同じ

毎日同じ靴を履いている方は要注意!!

そもそもの靴がにおう可能性が大きいです。

靴が臭うのであれば、足も必然的に臭くなります。

 

2日以上続けて同じ靴を履く方は、雑菌にとって絶好の住処になってしまします。

 

 

とこういった、5つの習慣があるのです。

 

解決策はこちら・・・

 

・足裏の角質ケア

足裏の古い角質をとって、ツルツル・スベスベな足裏を取り戻しましょう。

・しっかり乾かす

指と指の間も丁寧にふき取りましょう

濡れた足でスリッパをはくなどはもってのほか!!

カラッと乾燥するまでは何もはかないことです。

 

・サイズの合った靴を履く

サイズの合っている靴を履くと、足を踏み込んだ時に湿った空気が外に押し出されるようになります。

この働きによってムレやにおいを防ぐことができるのです。

合っていないと感じる方は、中敷きを入れてみるのもいいですね。

 

・同じ靴を履きすぎない

仕事用などの靴は3足以上がベスト!!

そうはいっても・・・という方もいらっしゃいますよね。

そういう方は、1日履いたら、最後は乾燥剤を入れて、風通しのいいところで乾かしましょう。

乾燥剤の他に、10円玉を数枚入れる。新聞紙を丸めて入れるのも効果的です。

 

 

 

・五本指ソックスを履く

一本一本指を覆うことにより、汗を即座に吸収してくれます。

抗菌防臭の靴下より効果的なのだとか!!

 

・重曹で足湯(クエン酸もOK)

洗面器にお湯と重曹(大さじ2~3)を入れ足湯をするだけ。

弱アルカリ性の重曹が、酸性の臭いに反応するのです。

 

直ぐにできそうなものもたくさん紹介しました(^^)/

足裏、靴もしっかりケアしましょう!!

これで明日から・・・

 

ちなみに、皆さん、汗が臭う・・・

と思っていませんか?

実は、汗自体は無臭なのです。

汗と一緒に出る、雑菌たちが、汗の臭いを出しているのです。

 

この季節に増える、細菌たちを退治して

健康的で気持ちのいい毎日を過ごしましょう。

 

 

 

スポーツ関連記事

【ランニング初心者のためのランステ活用術】

 

【最強のダイエット!?ボルダリングが人気沸騰中】

 

【バスケットボールに多い怪我まとめ】

 

 

 

 

 

 

未経験OK☆コンディショニングトレーナーのお仕事情報はコチラの画像をクリック▼▼

 

 

記事を探す

関連キーワード