おすすめ

2019年7月30日

間食に食べてもOKな食品12選

間食に食べてもOKな食品12選



 

お仕事の合間や、体を動かした後など…

食事までの時間はまだまだあるし、でもお腹が減ったというとき、誰もが経験されているのでは?

間食を取りすぎることは問題になりますが、うまく間食をとることで、脳を活性化させ、仕事の効率をアップさせることができます。

視力を回復させる効果もあるんだとか!!

また、食事の間隔があきすぎると血糖値が急上昇しまうため、太りやすくなる原因にもつながるので、上手くとっていきたいところ…

 

そんな、今回は「間食にいい食品12選」



・アボカド

「森のバター」と呼ばれるほど脂肪分が多いことで有名ですが、ほとんどが、不飽和脂肪酸であるためコレステロール値がそれほど上がりません。

また、他のどの果物より食物繊維が多く、ビタミンB群、ビタミンK、ビタミンE、カリウムが豊富に含まれています。

 



・アーモンド

抗炎症作用や免疫力向上に役立つ。

コレステロール値を下げる効果も。

 



・レーズン

エネルギー補給にもなる食品。

体にたまった活性酸素を排除するのを手伝ってくれる、アンチエイジングの効果も。

甘いものですが、低カロリー、低脂肪という優れもの。



・オリーブ

アボカドと同じく、不飽和脂肪酸で、ビタミンKが豊富。

リューマチ、喘息、更年期障害などの症状を緩和してくれる効果も。

 



・クルミ

オメガ3を豊富に含むクルミ。

オメガ3は動脈硬化に作用し、コレステロール値や中性脂肪を下げてくれます。

食後のに食べると、不健康な脂肪が血管のダメージを防いでくれる役割を果たしてくれます。

タンパク質の摂取にもいいですよ。

 



・にんじん

野菜スティックやチップスとしても手軽に食べれるニンジン。

ビタミンA、カロチンを豊富に含んでおり、視力回復に効果的。



・イチゴ

にんじんと同じく、イチゴも視力回復に効果的。

また、いちごに多く含まれているビタミンCは、美肌や風邪予防にも役立ちます。



・ヒマワリの種

疲労回復に効果的。また、体の老化や貧血防止にもなります。

 



・梨

シーズンが限られているので、なかなか入手しずらいですが、体をリフレッシュしてくれたり、眠気を吹き飛ばしてくれる食品です。

 



・スイカ

今が旬なスイカ。水分が多く利尿作用があり高血圧の予防にも効果的。

夏バテによる疲労で、食欲がない時にもエネルギー補給してくれる食品。

何より、リフレッシュしてくれる冷たいスイカは、夏には欠かせませんね。

 



・低脂肪ヨーグルト

乳酸菌が多く含まれているため、整腸作用があります。

また、低脂肪だと低カロリーかつ良質なタンパク質やカルシウムの補給も。

 



・ダークチョコレート

脂肪分が多いので、取りすぎは良くありませんが、カカオに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があります。

ホルモンの促進作用にもなるので、やる気が増すこと間違いなし!!

 

 

 

今回は手に入れやすい12食品を紹介しました。

そのほかにも、ラズベリーやパパイヤ、アマの種、イチジクなどがあります。

上手く間食をとって、お仕事にも、そして健康にも効率よく^_^

ついつい人に話したくなる、人間雑学

についてもご紹介してます^_^

 

キレイをつくる仕事☆ストレッチトレーナー求人はこちら↓↓↓↓