エンタメ

2018年7月3日

忙しい日本人にオススメ、24時間営業ジムが流行する理由

忙しい日本人にオススメ、24時間営業ジムが流行する理由

日本人の平均睡眠時間は主要28か国中で最下位というデータがあり、それだけ日本人は睡眠時間を削り仕事をしています。そんな忙しい方にオススメ、最近流行している24時間フィットネスの特徴をご紹介します。

コンビニのように続々と出店、大手スポーツジムも参入

全国で24時間営業をしている国内最大手のフィットネスジムの始まりは、アメリカにあります。日本で認知し始めてからは、まだ10年も経っていません。短期間の間に急成長を遂げています。

今までは10時~23時などで営業をしていた日本の大手スポーツジムも、別ブランドで24時間営業を始めているところもあり、業界内では注目を集めています。補足の情報ですが同じアジアの韓国では、フィットネスジムに通うのは健康を維持するために当たり前のことで、生活の一部だそうです。

ジムの扉を開けて、10秒でトレーニングを開始できる?

極端な例ではありますが、24時間フィットネスは扉を開けて10秒でトレーニングを開始できます。理由は運動に適した格好でジムに行き大半のジムが土足OKで、扉を開けると目の前にダンベルやマシーンが設置してあり、すぐにトレーニングを開始できます。着替えやフロア移動などの時間を省略することができます。

最低限の設備と器具は完備、低価格で通いやすい場所にジムがある

24時間フィットネスジムの最大の特徴は「トレーニング特化型ジム」が大半であることです。お風呂やプールやスタジオがある「複合型ジム」ではないです。

お店の設計も非常にコンパクトな店舗が多く、いい意味で必要最低限の設備と器具しか揃っていません。運動した後にお風呂やサウナに入りリフレッシュしたい人には残念ですが、その様な設備は無いのがほとんどです。ですが、シャワーだけはどこの店舗にも設置しています。トレーニングをするのが目的であれば、シャワーだけで十分ですね。

また、上述した理由によりコストを大幅にカットしてあり、会員料金が安いです。場所も駅に近い所や、住宅が密集する地域に出店していたり、利便性も高いのが特徴です。

会員になれば国内に限らず、全世界のジムを利用可能??

24時間営業の国内最大手のフィットネスジムは、ジムの鍵を入会時にもらいます。1ヶ月後にはその鍵で、国内に限らず全世界の同店舗の利用ができるようになりますよ。平日は職場近くの店舗を利用し、土日は自宅近くの店舗を利用するなんてことや、出張先にある店舗を利用するなんてこともできるのです。

忙しい日本人にはピッタリの特徴をご紹介しましたが、ジムのブランドも最近は更に増えておりますので、今回紹介した以外の特徴も数多くあります。ご自身のライフスタイルに合ったジムをお選び頂き、ジムへ通う習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか?

記事を探す

関連キーワード