エンタメ

2018年7月6日

プロチームでも取り入れるストレッチ方法とは?

プロチームでも取り入れるストレッチ方法とは?

 

運動前はブラジル体操をやれば間違いない!!

ダイナミックストレッチで一番有名なプログラムは「ブラジル体操」です。YouTubeなどでブラジル体操と検索すると動画が多数載っています。

ブラジル体操とはラジオ体操第1・第2と様々な体操があるように、体操の1つのプログラムです。

発祥はもちろんブラジルで、日本ではヤンマーディーゼルサッカー部(現:セレッソ大阪)が初めて導入し、サッカー以外での競技でも広く親しまれるようになりました。プロはもちろん、アマチュア選手でも運動前に行う光景を目にするポピュラーなメニューになります。

ブラジル体操の気になる効果とは?

ストレッチの種類や効果については、過去の記事で取り上げてますので参考にしてください。また、ストレッチを自分でやるのは面倒な人はDr.ストレッチは、寝ているだけでストレッチをしてくれます。

ブラジル体操の効果として柔軟性の向上はもちろんですが、他にも大きな効果があります。それは「リズム感」の向上です。

最近はスキップのできない人が多いと、テレビで取り上げられることがあります。ブラジル体操はすべての動きでリズム感が必要となるので、ブラジル体操をマスターすればスキップなど簡単にできるでしょう。リズム感が上手にとれない子供にもオススメの体操です。

運動前のストレッチはパフォーマンスが下がる?

補足の情報となりますが、運動前のストレッチはパフォーマンスが下がると耳にすることがあります。それは静的ストレッチ(スタティックストレッチ)をした場合です。今はスタティックストレッチ後に運動パフォーマンスが下がったといういくつかの研究結果が出ていたりしています。

この研究結果を簡単に伝えると、1つはスタティックストレッチをすると体がリラックスするためにパフォーマンスが下がったと言うことです。「運動前はストレッチNG」と言うの説明不足ですね。

この研究については今でも議論が交わされていますが、ブラジル体操のようなダイナミックストレッチはパフォーマンスが下がる心配はありません。眠っていた筋肉が大きく動きだし、体はどんどん覚醒していきます。積極的に取り入れるようしましょう。

記事を探す

関連キーワード