おすすめ

2018年5月23日

日本人の皆が知るあの体操を気軽にできる方法

最近は平均気温が上がってきており、寝苦しい夜や目覚めがスッキリせず睡眠負債が溜まってくる時期でもあります。日本人なら誰もが知る体操を行い、気持ちのいいスタートを切れる方法をご紹介します。

毎朝6時25分、NHK Eテレを観る!無理なら録画機能を利用しよう!!

日本人なら誰もが知る体操とは、もちろんラジオ体操です。子供からご年配まで幅広く親しまれる体操です。朝にラジオ体操を行うことにより眠っていた神経に刺激を与え、血液の流れも良くなり、ラジオ体操後は体がスッキリします。朝の運動を習慣とすることで、体内時計も整い、体の調子も良くなります。

1930年以降、ラジオ体操は全国各地の学校で夏休みに毎日行う習慣がありましたが、今では少なくなっており若者のラジオ体操離れが進んでおります。特に社会人となると、ラジオ体操を行う機会は激減します。

そんな方に向けて是非お勧めしたいのが、朝6時25分にNHKのEテレで、10分間「テレビ体操」と言う番組名でラジオ体操が放送されています。放送は365日、毎日同じ時間から放送されておりますが、人それぞれライフスタイルが違うので「毎朝6時25分に起きるのは無理」と言う人もいます。そのような人はテレビの録画機能をうまく活用しましょう。できればカーテンを開けて、朝日を浴びながらおこなうことをオススメします。

番組プログラムは毎日違う、3日坊主の人でも続けやすい

YouTubeなどを観るとラジオ体操がアップされておりますが、内容が変わらないのでマンネリ化する恐れがあります。テレビ体操の番組プログラムは、必ずラジオ体操第1かラジオ体操第2のどちからが放送されます。時には第1と第2の両方が放送されることもありますが、両方放送されても番組時間の10分には届きません。ラジオ体操以外の残りの時間は「みんなの体操」と言う体操が組み込まれております。簡単に言うと、ラジオ体操と似たような動きで、簡単なリズム体操なども含まれています。

また画面には立った状態と座った状態のインストラクターが写し出されています。足元が不自由な方、寝起きで立つのも億劫な人にもできるようになっており、誰でも始められますね。

ラジオ体操の気になる効果とは?

ラジオ体操が体にいいことは知られていますが、ラジオ体操は簡単に言うとストレッチです。ストレッチの効果とは過去の記事で詳細が書いておりますが、慢性的な肩こり・腰痛に効果があります。ただし、人により痛みや期間が異なるので「気持ちよく伸びている」ところで止めるようにし、始めから頑張りすぎないように注意しましょう。

今回取り上げたNHK Eテレのテレビ体操は、古くから続く番組でご年配の方には知られている情報ですが、若い人には意外と知られていない情報です。周りの人の目を気にすること無くできますので、是非一度試してみてください。

記事を探す

関連キーワード