おすすめ

2018年5月17日

シリーズ トレーナー・セラピストの健康管理法 1

2020年の東京オリンピックを控え、トレーナーやセラピストを志す人も年々増加しております。肉体労働なうえにセッション中は常にお客様と同じ空間にいるため、体調を崩す人も多いことが現状です。
そこでトレーナー・セラピストへの健康管理法をシリーズでお伝え致します。またトレーナー・セラピスト以外の人にも役に立つ情報なので、是非チェックしてください。

勤務中はBCAA+グルタミンを摂取する

トレーナー・セラピストは常に体を動かしております。筋トレほど体へのダメージは少ないものの、セッション中は重いダンベルや人の体を動かすなど、長時間の軽い筋トレをしているようなものです。よって、ダメージの受けた体へのリカバリーが必須となります。これを怠ると風邪をひいたり腰痛を起こすなど、体調を崩してしまいます。

体調を崩す大きな要因として「食事」「運動」「睡眠」「ストレス」のどれか1つが乱れると、体は悲鳴を上げます。ここでは栄養の摂り方をご紹介しますが、勤務中に必ず摂ってほしい栄養素は「BCAA」と「グルタミン」です。この2つを摂取すると勤務後の疲れや、勤務翌日の体の調子が圧倒的に変化します。トレーナーとしても常に最大限のパフォーマンスを発揮するために、是非お勧めいたします。

BCAAは必須アミノ酸、筋肉分解を防ぐことができる

人間の体はタンパク質で構成されていますが、まずは「BCAA」について簡単に説明します。BCAAとは必須アミノ酸(体内では合成されず、食物から補給)のうちのバリン、ロイシン、イソロイシンの3つをを指します。必須アミノ酸は9つあり、そのうち必須アミノ酸に占めるBCAAの割合は約50%と高く、更には人間の筋肉は約35%がBCAAでつくられていると言われております。BCAAは筋肉作りに必要な一方で、運動中のダメージで分解する量もかなり大きいことがわかります。

BCAAでダメージを受けた体にリカバリーを

トレーナー・セラピストは1日中体を動かして筋肉にダメージを与えているため、常に栄養補給が必要です。栄養が足りなくなると、体内の筋肉を分解してエネルギー源を自ら作り出します。BCAAは食事で摂ることが理想的ですが、食事から摂取すると消化に時間がかかり、消化にもエネルギーを使うため体が疲弊してしまいます。消化時間を例に挙げると、ゆで卵は消化に3時間もの時間を要します。

そこでお勧めしたいのが、BCAAのアミノ酸サプリメントです。食事から摂取した肉や魚や豆などのたんぱく質をより細かく分解していくとBCAAになるので、吸収スピードが圧倒的に早いです。これにより、勤務中の疲れが大きく変わってきます。

グルタミンは万人受けする最高のアミノ酸サプリメント

一般的に筋トレなどで一番に推奨されるのはBCAAですが、「グルタミン」もBCAAと同様に効果が高いです。運動していない人にもグルタミンを摂るだけで風邪をひきにくくなる効果もあります。

グルタミンとはBCAAと違い非必須アミノ酸(体内で合成できる)で、肉体疲労やストレスを感じた時に筋肉中から血液にグルタミンが放出されます。同時にグルタミンを使い始めると筋肉が分解されるので、体内の合成だけでは足りず、積極的に外から補給するべきなのです。これも食事から摂取を出来れば理想的なのですが、消化に時間がかかるのとグルタミンは熱に弱いと言われているため、食事から摂取するよりアミノ酸サプリメントの方が効果的です。

BCAA+G(グルタミン)アミノ酸サプリメントを摂ろう

最近はサプリメントも様々な種類が発売されており、BCAAとグルタミンがミックスされたものが各メーカーから発売されております。これをトレーナーやセラピストもそうですが、その他デスクワークや主婦の方など様々な人にお勧めします。日中の摂取はもちろんですが、人間は睡眠時も消化や呼吸でエネルギーを使っておりますので、就寝前や起床後などの摂取も効果を発揮します。飲み方は各メーカーで異なり、ライフスタイルによって摂取量が異なりますのでご注意下さいね。

トレーナやセラピストさんは脳も体も一日使っているので、疲れも溜まりやすいです。効果的な栄養補給で、健康な体を手に入れましょう。

記事を探す

関連キーワード