おすすめ

2019年8月16日

えっ!!これも?実は、体によくないこと

えっ!!これも?実は、体によくないこと



今日は、実は体に悪いんだ・・・

というのもをピックアップ!!

 

食事・ファッション・生活でまとめてみました。

 

【食事編】

・食欲がないのに朝食を食べること


 

体の自然なリズムから言うと、朝は「排泄の時間」です。

食欲がない場合は、無理に食べる必要はありません。

食べないと排泄がスムーズにいかない場合は、新鮮な果物を両手にのるくらいの量を食べるようにしてみましょう。

 

 

・焼肉はスタミナがつく?


 
お肉は活力が出て、よさそうなイメージですが、実は、消化・吸収に多くのエネルギーや酵素を必要とするため、逆に元気を奪われてしまうのです。

スタミナをつけたいときは、良質な植物性タンパク質を含んでいる、豆腐などの豆類・クルミやナッツなどの種実類・酵素も補ってくれる緑黄色野菜を食べるようにしましょう。

 

・ダイエットのために油は取らない


 
油は、脳や細胞膜を構成するために重要な材料です。

ちなみに、特に、体にいい油は下の3つ!!

 

1、亜麻仁油

2、しそ油

3、えごま油

 

・プロテインバー



 
最近いろいろなプロテインバーを見かけますが、ほとんどのものが高カロリー。

砂糖や防腐剤、添加物も多く含まれています。

キャンディーバーともいわれていることも・・・・

食べるときは表記をよく見て、砂糖が5g未満で、少ない材料で作られているものにしましょう。

 

 

【ファッション編】

 

・ハイヒール


 
高いヒールは重心が前に偏り、つま先だけで支えるようになります。

それによって、骨盤がゆがみ、腰痛や肩こりなどの原因に。

また、浮指になりやすいため、体の負担が大きくなります。

骨の負担にもなるといわれているため、注意が必要です。

 

・スキニージーンズ


 
あまりきついスキニーパンツを履くと、神経の圧迫やしびれ、消化器系の問題を引き起こすことも。

ウエストの締め付けも腹部の不快感や胸やけの原因になることも・・・

少し大きめのものを履くようにしましょう。

 

・ネクタイ・シャツ


 
なんと、男性の67%は自分の首周りにあっていないサイズのシャツを着ているそう・・・

肩こりや背中、腰といったところに不快感がある方は見直してみては?

筋肉を緊張させているかもしれません。

また、ネクタイはきつく締めたりすると、頭への血液循環を悪くするため、頭痛の原因にも。

 

【生活編】

 



 

・毎日8時間睡眠


 
以前、睡眠について書きました。

「8時間寝ないと体がもたない!」という考えが、不安にさせ、睡眠の質を落としていることも・・・

夕方に2時間、夜中に4時間、夜明けに2時間という睡眠のスタイルでも実は、人間は大丈夫なのです。

また、「昼寝は15分がいい」と耳にしますが、昼寝の15分は、夜の1時間の睡眠に値するといわれています。

よる以外の睡眠の大切な要素ですね。

 

・太陽を避ける(紫外線)

 
見た目や健康上の理由から予防する人は多いと思います。

確かに真っ黒に日焼けするのは避けたほうがいいですが、太陽、紫外線を浴びることでのメリットも多いのです。

 

・スムージー

 
コンビニでも最近だとスムージーのお店もよく見かけますね。

簡単に栄養補給ができると思われがちですが、やはり、自然な形で野菜や果物をたべること。

そうすることで、多くの食物繊維や栄養素をとることができ、また、カロリーも抑えることができますよ。

 



 

今回は、実は体に悪かった・・・

というものをまとめてみました。

どうでしたか?

良かれと思っていることも実はというものはたくさんあります。

体の調子がおかしいな?と感じたときは見直してみましょう。

 

今さら聞けない…腸内環境の整え方

もご紹介してます^_^

 

キレイをサポート|未経験OK求人情報はこちら↓↓↓↓

記事を探す

関連キーワード