スポーツ

2018年6月25日

トレーナーの健康を守る、オススメアイテムのご紹介

トレーナーの健康を守る、オススメアイテムのご紹介

シリーズ トレーナー・セラピストの健康管理法 2

前回の記事では勤務中にBCAA+グルタミンを摂ることをオススメしましたが、栄養摂取以外にもまだまだ対策が必要です。今回は快適に勤務をするためのアイテムをご紹介致します。

室内での運動は熱がこもりやすい場所、体温調節を万全にする

セッション中の動きによりますが、クライアントは汗を掻きます。トレーナー・セラピストも体を大きく動かすため、同じく汗を掻くものです。その為、室内でのセッションの場合は熱がこもりやすいです。

梅雨に入ると湿度は上昇し、換気やエアコンの調節だけでは対応できず、湿度が70%を越えることもあり相当な暑さを感じてしまいます。その結果、汗を大量に掻くので体力消耗をきたし、体がだるいなどの疲労・倦怠感、食欲不振などの体調不良が起こります。オフィスでデスクワークを行う人も同様に、人が多く集まる場所は人間の体温の影響で熱がこもりやすくなるので、適切な体温調節を心掛けましょう。

あるものを体に吹きかけるだけで、劇的な変化が起こる

数年前に爆発的な大ヒットを起こした商品があります。それは冷感スプレーです。熱中症対策として大手メーカーより発売され、インナーやシャツなどにスプレーするだけで、汗を掻くとヒンヤリ感が生まれる商品です。これは、炎天下の中で競技をする野球やサッカーやテニスプレイヤーなどに絶大な支持を受け、売り切れが続出しました。匂いもさほど残らない為、その他では火を扱う飲食店にも支持を受け、スタッフの間では年間を通して使う人もいるそうです。

これをトレーナー・セラピストの人も使用することをオススメ致します。体が熱くなりやすい背中や脇などに吹きかけるだけで、快適にセッションすることができます。ただし、大量に吹きかけると強い清涼感を感じやすく、返って風邪をひく可能性もありますで、注意して使用してください。薬局に行くとこの時期は同じような熱中症対策商品が多く並んでおりますで、是非チェックしてみて下さい。

インナーにも気を配り、筋肉をサポートする

人気のトレーナーやセラピストだと、1日に10件近くのセッションをする人もいます。その様な人は筋肉へ大きな負担が掛かってしまいます。そこでおススメしたいので、「コンプレッションウェア」着用です。

コンプレッションウェアとは、簡単に言うとピッタリ体を包み込むウェアのことです。適度に体を包み込むことによって筋肉全体のブレを抑制する効果があり、その結果筋疲労の軽減やスタミナ・パワーアップの効果も見込めます。近年では高性能な商品が多数発売されており、デスクワークの人など姿勢改善のために着用する人も増えております。

ご自身の健康を守るために、ある程度の体への投資は必要です。どの仕事も体が資本となりますので、今回紹介したアイテムやウェアなど上手に活用しましょう。

記事を探す

関連キーワード