エンタメ

2018年4月16日

トレーニング効果を高める食事と栄養素は?

トレーニング効果を高める食事と栄養素は?

寒い冬を乗り越え過ごしやすい季節となり、トレーニングの意欲がますます高まりますが、トレーニングと食事は切っても切り離せない関係です。そこで、トレーニング効果をより一層高める食事・栄養素をご紹介いたします。

運動前は炭水化物を摂取しましょう

トレーニング前に炭水化物を摂取することにより、トレーニングに必要なエネルギー源となる筋グリコーゲン(筋肉に蓄えられる糖の一種)の量を高めることができます。筋グリコーゲンが枯渇状態にあると、体内の筋肉を分解してエネルギー源を自ら作り出します。それではトレーニングの効果も落ちてしまいますね。

ただし、食べ過ぎは禁物です。食べ過ぎることにより体内で消化にエネルギーを使い、その状態でトレーニングをすると腹痛を起こします。バナナなど果物や軽いものを食べるようにしましょう。

動後はタンパク質+炭水化物の摂取を

更にトレーニング後はダメージを与えた筋肉の修復の時間です。タンパク質の摂取はもちろんですが、炭水化物の摂取も忘れずにしましょう。運動後であれば過度な摂取を除き、脂肪として蓄積しません。炭水化物を摂取することにより、疲労回復効果と筋肉量UPが期待できます。

日本で有名なボディビルチャンピオンは、トレーニング後に「あんぱん」を食べるそうです。最近は糖質制限ブームで炭水化物=悪のイメージが付いておりますが、摂取するタイミングを間違えなければ問題ありません。

栄養不足の体調変化に敏感になる

学生の時に、月曜日になるとよく休む友達っていませんでしたか?その理由の1つとしてあげられるのは、過度な運動により栄養摂取が追い付かず、免疫力が落ちて体調を崩してしまいます。

大人も同じです。ダルくて疲れやすい人は炭水化物、ビタミン不足が考えられます。立ちくらみや息切れにはタンパク質の不足、怪我や風邪をひきやすい人はカルシウム、ビタミンC不足、口内炎ができやすい人はビタミンB不足が考えられますので、体調に応じて食事の摂取を考えましょう。

サプリメントにも頼ってみる

食事だけでは栄養が補えない場合はサプリメントにも頼りましょう。サプリメントの摂取により筋肉の成長と修復に効果が出ます。

ただし、サプリメントは日常の食事で足りない栄養素を補うものです。あくまでも補助的な役割になりますので、まずは食事をバランス良く摂りましょう。

その中でもオススメは、各サプリメントメーカーに「マルチビタミン・ミネラル」系はありますので、そちらをオススメ致します。また、日本人の食生活に合ったサプリメントであることも大事です。日本人の平均寿命は香港に続き世界2位(2017年)で、古くから好まれる和食は海外でもブームとなっております。魚に含まれるEPA・DHAが入ったフィッシュオイルのサプリメントもオススメです。

最低3ヶ月は試してみて効果を実感しましょう。

記事を探す

関連キーワード