スポーツ

2019年12月14日

【怪我をしてしまった選手へ】勇気を貰えるプロのサッカー選手の考え方

【怪我をしてしまった選手へ】勇気を貰えるプロのサッカー選手の考え方

大事な試合の前に怪我をしてしまった・・・。
なんでこんな時に!!

スポーツをやっている方に怪我はつきものですよね。

普段運動をしているとケアの事なんてあまり重要視していないけど怪我して初めて
予防やストレッチの重要性に気づき、落ち込む方も多いのでは・・・?

今回は試合中に肉離れを起こしてしまったけれど復帰後の試合で数々のゴールを決めている
横浜FCの草野選手にお話を伺いました。

 

《草野選手インタビュー》

 

怪我した事はマイナスじゃない

怪我をした事をネガティブに捉える必要はないです。
だってピッチの外から客観的にみんなのプレーを改めて監察出来るし
トレーニングも集中出来るのでむしろプラスの事も多いと僕は考えてます。

もちろん怪我をきっかけにコンディショニングの重要性は再認識出来たので
練習前後のケアは以前よりしっかりやるようになりました。

試合に出てない間は自分がめちゃくちゃ活躍しているイメージをずっとしてましたね。
だから早くプレーしたくて楽しみで仕方がなかったです。

物事の捉え方次第で見える景色は全く違うので、目の前じゃなくて自分が目指す
最高の未来を描いていれば、何も落ち込む事なんかないと思いますよ。

 

怪我をしないために必要なケア

怪我をしないためには普段から筋肉の柔軟性を高める事が大事で
硬いままプレーをしていると、やっぱり怪我しやすくなっちゃうんですよね。
だから練習前と後にしっかりストレッチだったりコンディショニングするというのは
選手にとって絶対必要なんですよ。

僕の場合は全部トレーナーに任せちゃってるんですが
怪我してしまってからは特に念入りに足だけじゃなく全身まんべんなくストレッチで伸ばしてもらってます。

そうする事で怪我予防だけじゃなくて、練習開始すぐから動きが良い状態で
スタート出来るので練習の質もあがるし一石二鳥というか・・・
とにかくめちゃめちゃ良いですね(笑)

 

草野選手ってどんな人?

フレンドリーで快く取材に応じてくださった草野選手。
話していて感じたのはとにかく感情のセルフコントロールが上手いです。

小さい頃からずっとサッカーに没頭していたそうですが
好き=才能とも言えるくらい真っすぐに理想の未来を描き
自分を信じて進んでいる印象を受けました。

どのスポーツでも言えることですがメンタルコントロールはパフォーマンスにも
大きく影響していてプロの選手は漏れなくこの能力に長けています。

そしてストイックです。
毎日のケアを欠かさずに自身のカラダの状態の変化にきちんと意識を持っていました。
トレーナーとも仲が良くストレッチを受けながら好きなアニメの話で盛り上がっていました。

たくさんの方に好かれるキャラクターの草野選手、今後の更なる活躍に期待ですね。
スポーツをやっている方は是非とも草野選手の前向きな姿勢を取り入れて
パフォーマンス向上に役立ててください。

 

草野選手インタビュー動画はコチラ▼



 

未経験OK!研修制度充実☆アスリートのコンディショニングに携われるトレーナー求人はコチラ▼