おすすめ

2019年8月25日

ダイエット効果大!ストレッチ習慣で理想のカラダに!?

ダイエット効果大!ストレッチ習慣で理想のカラダに!?

テレビの健康番組でもお馴染みのストレッチ。
体に良いことは知っているけれど、どう体にいいの?どんな効果が得られるの?
今日はそんなストレッチで得られる効果7選のご紹介☆
 

①姿勢改善

普通に生活していても体のバランスは気づかないうちに偏ってしまいます。
癖、って凄いですよね。
カバンを持つ手がいつも右…
信号待ちは常に右重心…
そんな普段何気なくやっている行動によって、体はアンバランスな状態に。
筋肉たちは体を何とか支えようと頑張り続けます。
 
ストレッチで筋肉全体の柔軟性UPを謀ることで、引っ張り合っていた筋肉は元の状態に戻り、きれいな姿勢が維持できるようになりますよ!!
 

②血流促進

筋肉にはポンプ作用があるため、血行を促進させるには不可欠な存在です。
長時間の同じ姿勢や運動不足は、筋肉を動かさないためポンプ作用が上手く機能しません。
 
ストレッチをすることで柔軟性が上がればポンプ作用が有効的になるため、むくみ・冷え性の改善に!!
(筋肉量が少ない女性は、ふくらはぎのトレーニングも入れると◎)
 

③疲れにくくなる

 
筋肉が硬くなり血管が圧迫されると、同様にリンパの流れも悪くなります。リンパは体にとって不必要な物を回収してくれる役割があるため、流れが悪くなると老廃物が溜まりやすい状態に。乳酸などの疲労物質も蓄積され
疲労回復が上手くできず疲労は溜まる一方。。。
ストレッチで柔軟性を上げればリンパの流れも良くなるため、疲労回復も促せるようになります!!

 

④ダイエット効果

 
ストレッチをして柔軟性が上がると、同じ動きでも疲れにくくなるため運動量が増えて基礎代謝もUP!!日常生活でも消費されるカロリーが増えるため、痩せ体質に。
むくみも改善されて、疲れにくくなる上に痩せれるなんて、、、最高ーーーーーー!!
 

⑤怪我予防

 
スポーツをしていると当たり前のように準備体操でストレッチをしますが、柔軟性を上げておくと日常生活でのアクシデントや怪我の予防にもつながります。万が一に怪我をしたとしても、程度を抑えることができます。
ストレッチをすることで脳への伝達神経も良くなるため、普段の生活にも効果的。
 

⑥リラックス効果

 
ストレッチをすると、セロトニンといわれるホルモンの分泌量が増えます。幸せホルモンと言われるセロトニンは自律神経を整える働きがあるため、ストレスの緩和や精神面に大きく影響します!!
夜はぐっすり寝たい!!
そんな方にもおすすめ。
 

⑦免疫力UP

 
免疫力は自律神経によって変化するため、ストレスや疲労が溜まっていると自律神経が乱れ免疫力低下に。
ストレッチをすることで自律神経が整えば、必然的に免疫力の向上につながります。
いかがでしたか?
スポーツのパフォーマンスUPだけがストレッチのメリットではありません。
健康的な体づくりに必要不可欠なストレッチ!!
やってみるだけの価値はあります!!
 

 

未経験OK☆トレーナー求人情報はこちら↓↓↓↓



記事を探す

関連キーワード