セルフストレッチ

2019年9月21日

5分で出来る!運動前・ランニング前にやるべきストレッチ

どのスポーツをやっていても体力やスタミナって大切ですよね。どんなにプレーがうまくても体力がないとパフォーマンスが下がって結果が出ないなんてことも・・・
この涼しい時期に体力づくりのために朝や夕方にランニングされる方も多いのではないでしょうか。しかし注意いておかなければいけないのが運動前!ランニング前のストレッチです。実はしっかり時間をかける必要はなく、ポイントさえ押さえれば筋肉の負担を大きく減らすことができます。

今回はその方法をご紹介します。運動前にたった5分のストレッチを是非取り入れてみてください。

目次

①ランニング前にストレッチはなぜ必要?

②腓腹筋・ヒラメ筋ストレッチ

③大腿四頭筋ストレッチ

④最後に・・・・・

 

 

 

ランニング前にストレッチはなぜ必要?

ポイントは2つ

⑴怪我の予防

これはほとんどの方がご存知だと思いますが、ストレッチをすることにより、血液の流れが良くなり、体を温めてくれます。体が冷えた状態で走るより、温めた状態で体に「今から走るよ」というサインを送ることで、筋肉が準備状態に入り、怪我の予防につながります。

また、ふくらはぎ周りのストレッチをすることで、可動域が広がり、深く屈伸ができるようになります。これは、ランニングの際、かかとが地面に着地する時に足首周りの可動域が上がることで、かかとやアキレス腱周りの負担の軽減、また足首周りの衝撃も和らげることにもつながるのです。

⑵疲れを残さない

「ランニング後にストレッチをしたほうが、次の日にも疲れを残さない」と思っている方は多くいますが、ランニング前も重要なのです。想像してみてください!体が固まった状態でのランニングと、体がほぐされている状態でのランニング・・・どちらが体の負担は少ないでしょう・・・?

ほぐされている状態ですよね。ランニング前にストレッチをすることはとても大切なことなのです!!せっかく始めたランニング。長く続けられるように5分頑張ってみましょう。

 

 

 

腓腹筋・ヒラメ筋ストレッチ

01 … うつ伏せになります。
02 … 腕立て伏せの状態になり、腕を伸ばし、腰を持ち上げます。
03 … その状態で、左足を右足の踵の上におきます。
04 … この状態を10秒キープ。
05 … これを互いに2〜3回繰り返します。

大腿四頭筋ストレッチ

01 … 仰向けになります。
02 … 右足を左足の外側に持ってきます。
03 … このとき、腰が浮いても構いません。
04 … この状態で10秒キープします。
05 … さらに、右足を右手で持ちながら折り曲げます。
06 … この状態を10秒キープ。
07 … これを互いに2〜3回繰り返します。

 

 

 

最後に・・・・・

ランニングがメインだからとついつい疎かにしてしまいがちなストレッチ。2,3日は大丈夫かもしれませんが、長い目で見たとき必ず体に異変が起きます。異変や痛み、違和感を感じる前に予防できることはやっておきましょう!!

ランニングの前のたった5分で体は全く違いますよ(^^)/