セルフストレッチ

2018年2月2日

身長が伸びる!?あきらめない大人の姿勢改善ストレッチ

身長が伸びる!?あきらめない大人の姿勢改善ストレッチ

自分の姿勢、いつも気に掛けていますか?

猫背や骨盤のゆがみを改善すると、素敵な姿勢でいるための筋肉バランスをキープすることができます。姿勢が改善されると身長にも変化が!姿勢の改善に役立つおすすめの簡単ストレッチをご紹介しましょう。

筋肉が固まる場所⇔弱る場所

人間の体は、前かがみの動作が多く筋力を使わない姿勢をラクに感じます。猫背になるのはその典型的な例です。体の前側が縮み、力を使わないので当然弱りやすくなります。反対に背中側は伸びた状態が続き、そのまま背筋や肩甲骨周りが固まりやすくなります。結果、正しい姿勢を保つための筋肉も弱っていくことになります。

背中の上部を柔軟にする簡単ストレッチ

背中は意識して動かさないと「そこにあるだけ」の箇所になります。私たちの体を支えている大切な場所なので適度に動かして柔軟にしておく必要があります。まずは動かすことで凝り固まることを防ぐことから始めましょう。

【1】立っていても、座っていてもOKです。(後ろに何もない状態)
【2】両腕を背面にまわし腰の辺りで両手をしっかりと組みます。
【3】胸の真ん中を前に突き出して、同時に組んだ腕を後ろに伸ばします。(辛い人は手を組む代わりにタオルを持ってもいいでしょう。)
【4】組んだ腕を少しずつ上に引き上げていきます。(肩甲骨を引き寄せる意識を持ちましょう。)
【5】呼吸を止めずに深く行うことで、内側からのマッサージにもなり、背中周りの筋肉がほぐれます。

 

いつもの癖が骨盤を歪める

また猫背になると、骨盤が後ろに傾きます。デスクワークや柔らかいソファに寄りかかってばかりで猫背姿勢が長くなると、骨盤を定位置にキープする筋肉が弱ってしまいます。

足を組む癖、肩ひじをつく癖、片足に重心を置く癖、日常生活の中のあらゆる癖が骨盤を歪め、歪んだままになりがちです。利き手、効き足は誰にでもありますが、これらも体の癖をつくりだします。骨盤周りの筋肉も柔軟にすることで、可動範囲も広がり鍛えることに繋がります。

骨盤を柔軟にする簡単ストレッチ

骨盤は本来、手足のように大幅に動くものではありませんが、習慣によって全く動かないのは問題です。
簡単なストレッチを寝る前などに習慣化すると骨盤の矯正に役立ちます。

【1】仰向けにまっすぐ寝転びます。
【2】片脚のひざを曲げて両手で持ち、胸に近づけます。(伸ばしている脚は浮かないようにまっすぐ伸ばしておきます)
《深い呼吸を繰り返しながら、30秒キープ》
【3】抱えている膝の位置を10㎝ほど内側にずらします。
《深い呼吸を繰り返しながら、30秒キープ》
【4】抱えている膝の位置を20㎝ほど外側にずらします。
《深い呼吸を繰り返しながら、30秒キープ》
【5】抱えた膝を外側に向けて足の甲を伸ばした脚の膝より上に置きます。
【6】伸ばしている脚を徐々に曲げて太ももを抱えます。(乗せた脚の太もも外側からお尻が伸びます)
《深い呼吸を繰り返しながら、30秒キープ》
【7】左右を入れ替えて2から繰り返します。

癖がついたままで放っておくと、悪い姿勢を保つための筋肉が発達してしまいます。そしてそれがラクになるという悪循環を招きます。ストレッチによって、固まってしまいそうな筋肉を動かして正しい姿勢を保ちやすい筋力を保ちましょう。

記事を探す

関連キーワード