プロの現役トレーナーが、自宅でできるセルフストレッチをわかりやすく解説します。肩、背中、腰といった身体のそれぞれの箇所に応じたストレッチのやり方から、セルフストレッチをする際に気を付けるべきポイント、ストレッチ効果まで、動画コンテンツとして配信していきます。

セルフストレッチ

肩こり・肩痛の新着動画肩こり・肩痛の動画一覧

肩関節がスムーズに動く♪肩の痛みも楽になる【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|肩こり・肩痛編

肩の痛みは、球技などのスポーツを行うアスリートだけでなく、四十肩や、五十肩などの痛みを抱える方にとっても悩みのひとつです。日常生活では腕を高くあげる姿勢も少なく、動かさない肩関節や、肩周辺の筋肉は凝り固まっていますので、オフィスなどどこでもできるストレッチで、普段からこまめに予防のためにもストレッチを行いましょう。

動画を見る
肩甲骨を大きく動かして肩を軽くしよう!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|肩こり・肩痛編

肩甲骨の硬さが腰痛を引き起こすことも!?背中から肩甲骨周辺、肩関節、腕までしっかり伸ばせて、腕を上に上げる時に重い方は、このストレッチでしっかり肩周りをほぐしましょう!

動画を見る
血行促進でガチガチ肩こり解消!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|肩こり・肩痛編

硬い筋肉は血液の流れが滞り、筋肉疲労回復の遅れからますますガチガチに!首から肩、背中にかけて広く筋肉を伸ばし、コリの解消、頭痛の緩和、リンパ液の流れを促進し免疫力も高めるストレッチをご紹介します!

動画を見る
胸を伸ばして背すじスッキリ!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|肩こり・肩痛編

背すじをまっすぐ伸ばすには胸の柔軟性も重要ポイント!!胸の筋肉を伸ばすことで、背筋とのバランスをとり、猫背や、ストレートネックによる体への負担を軽減します。

動画を見る
大きな筋肉をほぐして血行促進ぽっかぽか!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|肩こり・肩痛編

広い範囲の筋肉を伸ばすことで効率よく血流改善を狙えます。繊細な部分の筋肉を含みますで、優しくストレッチしましょう。

動画を見る

脚の疲労の新着動画脚の疲労の動画一覧

美脚はふくらはぎから!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|膝痛・脚の疲れ編

脚がつる!浮腫む!いつも脚がだるい気がする・・・。誰しもが経験する脚の疲労。夏はさらに、多くの汗をかき、ミネラル不足、クーラーの冷え、なにかと負担もかかります。また、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、血行促進、デトックスにも大きく関わる重要な筋肉です。今回はどこでもできる簡単なストレッチをご紹介しますので、日頃からこまめにケアしましょう!

動画を見る
ランナー筋をストレッチ!!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|膝痛・脚の疲れ編

このストレッチは、"ハムストリング"、別名「ランナー筋」とも呼ばれる筋肉群で、走る時にアクセルのような働きをする為、ランナーの実力に直結する重要な筋肉です。また、物を持ち上げたり、上半身を支えバランスをとったり、あらゆるスポーツや、日常生活にも影響します。筋肉も太く大きいので、ゆっくりキープ時間をとりながらストレッチをしましょう。

動画を見る
膝の痛みは太もものケアから!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|膝痛・脚の疲れ編

脚の筋肉と言えば、真っ先にイメージする部分はやはり「太もも」ではないでしょうか?下半身の安定性は、二足歩行の人の体の構成上、とても重要な部分とも言えます。特に太ももは筋肉量の多く、立つ座る、歩く、走る、ジャンプなどあらゆる場面で働きます。また膝の伸縮に作用するため、太ももの筋肉が硬くなることで、膝の痛みを引き起こす原因にも繋がります。

動画を見る

腰痛の新着動画腰痛の動画一覧

お尻のストレッチで腰がラクに!?【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|腰痛・腰周り編

立つ座る、歩く、走る。日常的に様々な場面で活躍するお尻の筋肉。骨盤を支える点でも重要な役割があり、キレイな姿勢維持には欠かせません。実は動物よりも人間の方が「大殿筋」が発達している為、二足歩行で歩く際に、人間は背すじを伸ばせても、動物は背すじを伸ばして歩くことはできません。また、臀部は筋肉量が多く、疲れを感じにくい為、お尻のコリが悪化すると腰のだるさや、下半身の疲労感など他の筋肉に影響を与えることもありますので、その日の疲れはその日のうちに!ストレッチで予防解消に努めましょう!

動画を見る
股関節を柔らかく軽やかに歩こう!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|腰痛・腰周り編

デスクワークで同じ姿勢、重労働で荷物の上げ下げ、日常的に疲労が蓄積していませんか・・・?また、ランニングや、サッカー、過酷なトレーニングなど、スポーツでは、下半身のケアは欠かせません!そんな重要な働きをする筋肉の一部は、腰(背骨)周辺から、骨盤や太ももへとつながり、歩行や走行の動作を主に担っています。また、骨盤の傾き、股関節の柔軟性にも関わり、さらに、神経や太い血管など、重要な組織が骨盤を通っていますので、筋肉が凝り固まったり、腫脹などにより、神経麻痺や、血流障害を引き起こすことも!?日頃からこまめにストレッチで疲労解消し、大股で軽やかに歩きましょう!!

動画を見る
背すじシャキっと!キレイな姿勢に。【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|腰痛・腰周り編

体を支える本幹とも言える背中の筋肉。首から腰の付け根までに渡る長くて広いこの筋肉群は、姿勢維持に欠かせない筋肉のひとつです。このストレッチで全身の姿勢バランスを整えることで、ねこ背や、首の疲れ、腰痛、内臓不調の緩和、さまざまなことに役立ちます!また、上半身の軸が安定するのでスポーツのパフォーマンスアップなどにもお役立てください!

動画を見る
ぎっくり腰を予防しよう!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|腰痛・腰周り編

骨盤の高さに左右差はありませんか?上から骨盤を吊るすように支えている筋肉が「腰方形筋」です。日常的な動作としては、上半身を左右に傾ける、曲げる際に働きます。体を横に傾けて、荷物を持ち上げようとした際に「ぎくっ!!」と痛めてしまうことも・・・。野球やゴルフなどのスイングなど、体をひねるスポーツにも柔軟性がパフォーマンスに影響しますので、日頃からしっかりストレッチ&トレーニングを心がけましょう!

動画を見る