膝の痛みは太もものケアから!【現役トレーナーが教える】セルフストレッチ|膝痛・脚の疲れ編

脚の筋肉と言えば、真っ先にイメージする部分はやはり「太もも」ではないでしょうか?下半身の安定性は、二足歩行の人の体の構成上、とても重要な部分とも言えます。特に太ももは主な4つの筋肉で支えられる筋肉量の多い部分であり、立つ座る、歩く、走る、ジャンプなどあらゆる場面で働きます。また膝の伸縮に作用するため、太ももの筋肉疲労、筋肉が硬くなることで、膝の痛みを引き起こす原因にも繋がります。

主なストレッチ箇所

太もも

関連する症状

膝痛・脚の疲れなど

スポーツ・運動

歩く、走る、ジャンプ時など、主に膝の曲げ伸ばしを行う筋肉。主となる4つの筋肉から構成される筋肉群で、筋肉量も多く、あらゆるスポールの動きに大きく影響します。

日常生活の動き

立つ座る、歩く、走る、段差の登り降り、脚を動かす際の動作のあらゆる場面で働きます。

ストレッチのポイント

曲げた片脚を、お尻側に引き寄せて、太ももがまっすぐ伸びるポジションを探しましょう。両手をついて体をしっかり支えることで、太ももの力が抜けやすくなります。筋肉量も多い部分ですので、キープ時間を長めにとって、呼吸をしながらじっくりストレッチしましょう。